WEB事業

ユーザーの動向

インターネットユーザーの動向

SEM(SEO,MEO)がインターネット広告の中で最も評価されています。

より閲覧者の属性が絞られている広告に関心が集まっています。

MEO+SEOサービスとは?

MEOとSEOを同時に施策することで、ターゲットの絞り込まれた潜在顧客の目に触れる機会が増加し、継続的にアクセスを呼び込むことが可能となります。

MEOとは

Google検索結果のマップ表示部分に貴社の情報を掲載し、上位(A~G)に表示させるための技術です。

SEOとは

Google Yahoo! 検索結果において上位(2ページ目以内)に表示させるための技術です。

弊社とお客さまの役割について

検索エンジン対策は専門会社へお客様は来店されるためのコンテンツの充実を。

検索エンジン対策は専門会社へお客様は来店されるためのコンテンツの充実を。

弊社では、専門の技術者がアルゴリズムの変化を解析し、施策担当スタッフとチームを組んで、日々、上位表示に向けて研究を行っています。
これまでに研究対象として5000URL、20000キーワードの順位変動を計測することで、MEO、SEO技術を確立してきました。

ただし、いくら施策の強化を行って上位表示をしても、ウェブサイトのコンテンツ力がなければ、来店という結果に紐づかないこともあります。

 

来店促進への近道とは

MEO、SEO対策⇒専門会社へ
お客様⇒コンテンツの充実と更新を担当

お客様ご自身で行うMEO,SEO 4つのリスクとは?

■1.アルゴリズムへの対応

Googleの検索エンジンアルゴリズムは日々高度化しており、順位を決定するアルゴリズムは一日で一回以上変動している状況です。
そのため、書籍などで出ている情報がすでに過去のものとなっているケースが多く、日々、刻々と変化していくアルゴリズムの中ではその手法自体がスパム化している可能性もございます。

■2.スパムリスク

ご自身で行うMEOやSEOでは陥りやすいスパム手法が近年多数見受けられており、アルゴリズムの変動により、検索結果から消え去る現象が多数、観測されています。また最近ではそのようなサイトを検索結果から排除するためのチームを構成し、人間の目(目視)でも排除していると言われており、よりスパムに対してのリスクが高まっています。

■3.製作費

SEOに適したマークアップを行わずに、サイト制作を行うと、最悪の場合、作り直しに近い大幅な修正でコストと時間のロスが発生することがあります。
運用面においても、意味のないページ追加やページ更新で更なるコストと時間を浪費してしまう可能性があります。

■4.機会損失

お客さまご自身によるSEOやMEOによって、上位表示ができなければ、時間と労力の2つのロスが生じます。その間に、ライバル店などに先行者利益を奪われ、得られるはずだった利益も失われる可能性があります。

当社が考えるMEO、SEOとは

当社が考えるMEO、SEOとは

多くのSEO会社が、SEOで上位表示することを目的(ゴール)として取り組んでいるようですが、
私たちはMEO、SEOなどの検索エンジン対策はあくまで集客手段の一つであって、それ自体が目的(ゴール)ではないと考えています。

 

複数の集客手法の観点から、お客様のビジネスの特徴や現状の悩みなどを多角的に分析し、最適な手法をご提案します。

成約率を高めるために

検索エンジンから集客できても、肝心の成約率が低ければ、来店につながらず、
費用対効果が上がりません。

 

絞り込んだキーワードで上位表示し、アクセスを注ぎ込んでも、来店につながらないようなウェブサイト の場合には、成約率を上げるためのご提案をさせていただいています。